VA・VE事例

規格変更よるコストダウン
<高精度パイプ・シャフト設計におけるコストダウンのためのVA/VE 設計ポイント>

 シャフト部品加工において、上図の様な形状がある。対辺が13.5の為市販材が使えず、丸材からの切削加工工程が必須となる為、切削工程が追加になり、段取時間、加工時間と納期が掛かってしまう。

 シャフト部品加工において、上図の様に対辺を13(14)に変更が可能であれば、市販材が使用でき、切削加工工程が無くなる事で、段取時間も短縮され加工時間が大幅に改善される事で、短納期やコストダウンに繋がります。

POINT

 シャフト部品加工において、市販材の規格に変更が可能であれば、切削にて削りだす工程がなくなり、段取時間が短縮され、また加工時間が短縮される事で、短納期やコストダウンに繋がります。

<div class="top-contact mb20">
<ul class="clearfix">
<li><a href="/contact/"><img src="http://seimitsu-pipe-kakou.com/cms/wp-content/uploads/contact_btn01.png" alt="お問い合わせ・ご相談" width="168" height="32" class="opacity" /></a></li>
<li><a href="/request/"><img src="http://seimitsu-pipe-kakou.com/cms/wp-content/uploads/contact_btn02.png" alt="まずは資料請求" width="168" height="32" class="opacity" /></a></li>
</ul>
</div>
<p><a href="/handbook/"><img src="http://seimitsu-pipe-kakou.com/cms/wp-content/uploads/topbnr02.png" alt="設計・開発研究者のための設計技術ハンドブック" width="721" height="201" class="opacity" /></a></p>

設計・開発研究者のための設計技術ハンドブック

精密パイプ加工とは

設計者必見 パイプ加工の基礎知識

お客様へのお約束

運営会社

よくある質問一覧

日本メカニックコーポレートサイト