VA・VE事例

仕様変更による短納期とコストダウン
<高精度パイプ・シャフト設計におけるコストダウンのためのVA/VE 設計ポイント>

 シャフト部品加工において、上図の様に三ツ矢管にピンを圧入した加工がある。通常、各材料を手配して加工を行うが、三ツ矢管の入手は困難で入荷に時間がかかってしまう。

 シャフト部品加工において、三ツ矢管からパイプ材に仕様を変更する事で、材料入手が容易になり、短納期やコストダウンに繋がります。
三ツ矢管材は金型作製から入る事が多く時間がかかってしまう。

POINT

 シャフト部品加工において、三ツ矢管にシャフト圧入の場合は、可能であればパイプ材に変更することで材料入手が容易になることで、短納期やコストダウンに繋がります。

<div class="top-contact mb20">
<ul class="clearfix">
<li><a href="/contact/"><img src="http://seimitsu-pipe-kakou.com/cms/wp-content/uploads/contact_btn01.png" alt="お問い合わせ・ご相談" width="168" height="32" class="opacity" /></a></li>
<li><a href="/request/"><img src="http://seimitsu-pipe-kakou.com/cms/wp-content/uploads/contact_btn02.png" alt="まずは資料請求" width="168" height="32" class="opacity" /></a></li>
</ul>
</div>
<p><a href="/handbook/"><img src="http://seimitsu-pipe-kakou.com/cms/wp-content/uploads/topbnr02.png" alt="設計・開発研究者のための設計技術ハンドブック" width="721" height="201" class="opacity" /></a></p>

設計・開発研究者のための設計技術ハンドブック

精密パイプ加工とは

設計者必見 パイプ加工の基礎知識

お客様へのお約束

運営会社

よくある質問一覧

日本メカニックコーポレートサイト