Q&A

シャフト部品の強度を上げるには、表面処理や焼入れなどが紹介されていますが、焼入れについて簡単に説明してください

シャフトのに使われる鉄鋼材料は焼入れや焼戻しといった熱処理をすることで、硬度を高めることができます。高度を上げる場合、鋼材の表面だけを硬くする方法と鋼材全体を硬くする方法があります。一般的にズブ焼きと呼ばれる熱処理が鋼材全体を固くするもので、ボルトなど製品全体に引っ張強度が必要なものに適しています。一方で表面の硬さがと粘り強さが必要な場合は表面のみを硬化させる熱処理が適しており、浸炭焼入れや高周波焼入れなどがあります。

<div class="top-contact mb20">
<ul class="clearfix">
<li><a href="/contact/"><img src="http://seimitsu-pipe-kakou.com/cms/wp-content/uploads/contact_btn01.png" alt="お問い合わせ・ご相談" width="168" height="32" class="opacity" /></a></li>
<li><a href="/request/"><img src="http://seimitsu-pipe-kakou.com/cms/wp-content/uploads/contact_btn02.png" alt="まずは資料請求" width="168" height="32" class="opacity" /></a></li>
</ul>
</div>
<p><a href="/handbook/"><img src="http://seimitsu-pipe-kakou.com/cms/wp-content/uploads/topbnr02.png" alt="設計・開発研究者のための設計技術ハンドブック" width="721" height="201" class="opacity" /></a></p>

設計・開発研究者のための設計技術ハンドブック

精密パイプ加工とは

設計者必見 パイプ加工の基礎知識

お客様へのお約束

運営会社

よくある質問一覧

日本メカニックコーポレートサイト